Tagged

devops

A collection of 8 posts

要件定義(機能要件・非機能要件)とは? 機能要件と非機能要件の違い
devops

要件定義(機能要件・非機能要件)とは? 機能要件と非機能要件の違い

ITプロジェクトの実行フェースでは要件定義から始まり、設計、開発、テスト、本番移行、リリース、保守までの一連の工程があります。 その中で、機能要件は、ソフトウェアやシステム開発において最初の大切な工程です。今回は、ソフトウェアやシステム開発工程において重要な要件定義について一緒に見ていきましょう。 要件定義(Requirements Definition)とは要件定義とはユーザーが何を求め、何を実現したいのか、あいまいな表現から具体的な要求、数値目標にを落とし込み、業務要件として定義することです。 次に、業務要件を実現させるために、システムに求めるシステム要件として、機能要件、非機能要件を定義します。機能要件とはログイン機能や販売機能などのシステムに実装する機能そのものを指します。また、非機能要件とは応答速度などの性能要件や、データの容量などのキャパシティ要件、セキュリティ、運用など、機能以外にシステムに求める性能や特性です。 機能要件(Functional Requirement)機能要件とは、サービスやシステム開発に際して定義される要件のうち、必ず搭載すべき機能や挙動に関するものです。主にクライアントの要求分析や、要件定義などの工程で検討し、決定されます。 機能要件はクライアントが求める事項であるため、システムが機能要件を満たしていなければ、プロジェクトとして失敗ということになります。クライアントにとって機能要件とは「実装されて当たり前のもの」であり、最低限必要な機能なので、要件どおりに搭載されたとしてもクライアントの満足度が大きく高まることはありません。 ・機能要件の例: