オフショア開発における品質課題とその解決方法

オフショア開発における品質課題とその解決方法

オフショア開発は近年急速に成長しています。世界中の多くの企業がビジネスを拡大するために、オフショア開発を選択しています。日本企業も例外ではなく、コスト削減やリソース確保などの理由からベトナムでオフショア開発を進めるケースも増えています。しかし、日本側を満足させる品質を達成するのは簡単なことではなく、オフショア開発というと「品質が良くない」という捉え方をされるケースも少なくありません。この記事では、Shift Asiaでオフショア開発・品質保証に携わる立場から、オフショア開発における品質課題とその解決方法についてご紹介します。

オフショア開発における品質課題


・コミュニケーション
オフショア開発では、コミュニケーションが一番厄介な問題になる可能性があります。例えば、ベトナムでは日本語ができるエンジニアがまだまだ少ないため、エンジニアが日本語に携わるプロジェクトに参加する際、仕様書や日本側からの依頼を十分に理解できない場合があります。こうしたコミュニケーション不足から起きるミスや失敗というのは、オフショア開発につきものとも言えます。

なお、コミュニケーションスタイルに関して言えば、ベトナム人は「何でもはっきり言う」というスタイルを持っているのに対し、日本人には「そこまでは言わなくてもわかるだろう」というスタイルが好まれます。

すなわち、ベトナム側は常に日本側から示された指示や仕様書をそのままの意味で理解し、対応しようとします。つまり、「言葉以外の意味に重きを置く」というコミュニケーションが通用しません。こうした問題は「コミュニケーションロス」と呼ばれています。

・開発側のスキルの欠如
オフショア開発を委託する企業の多くは、完成した成果物が希望通りの品質を満たしていることを願っていますが、日本側は開発工程の進捗を把握することはできても開発側の仕事を100%管理できないので、最終的には開発側の能力を信じるほかはありません。

しかし、開発会社の技術力が求める基準に達していなければ、成果物の品質が良くない結果に終わる場合もあります。

その解決方法


・日本語能力が高いチームを選択する
日本側と開発側の間にコミュニケーションロスが生じていると仕事がうまく回らず、どうしてもミスや失敗につながってしまいます。このため、プロジェクトを成功に導くためには、日本側の要求をしっかり理解し、対応できるチームを用意することが大切です。具体的には、日本語が理解できるメンバーを多く割り当てることが有効です。また、単に日本語能力が高いメンバーだけでなく、日本人のコミュニケーションの特長を理解しているメンバーをチームに加えることも重要です。

・プロフェッショナルなチームを選択
また、日本語能力だけでなく、開発スキルの高いメンバーを集めたプロフェッショナルなチームを見つけることも大切です。そうしたスキルの高い人材を多く抱えた開発会社を見つけることができるかどうかもプロジェクトの成功を左右すると言えます。

オフショア開発はSHIFT ASIAへ


SHIFT ASIAはテスト自動化やセキュリティテスト、インスペクションなどのソフトウェアの品質保証事業とソフトウェアやWEBシステム、アプリケーションなどの開発業務を手掛けています。日本語や英語でのコミュニケーションができる優秀なテスター、エンジニアを数多く抱えていますので、何かあればお気軽にお問い合わせください。