テストケースサンプル事例:良いテストケースを書くためのベストプラクティス

テストケースサンプル事例:良いテストケースを書くためのベストプラクティス


はじめに

テストケースのサンプルは、組織によって異なる場合があります。

しかし、テストケースを作成するために標準のサンプルを使用することは、プロジェクトのテストプロセスを設定する上で最初の一歩と言えます。

また、ビジネスチームがテストケースを確認するプロセスがある場合は、両方の当事者が合意したサンプルでテストケースをフォーマットする必要があります。

このチュートリアルでは、例を使用して手動テストでテストケースを作成する方法を学習します。

マニュアルテストでテストケースを作成する方法

まずシナリオのテストケースを作成しましょう。ここでは「ログイン機能を確認する」ことを例に説明します。

手順①:

シナリオを説明する簡単なテストケースは次のようになります。

手順②:

実行するためのテストデータが必要になります。

手順③:

環境で特定の一連のアクションを実行する必要があります。

この場合、以下のように手順を文書化します。

● テスト手順は上記のように単純ではないため、ドキュメントが必要です。

● 手順を文書化することにより他の利害関係者がレビューしやすくなります。

手順④:

ソフトウェアテストのテストケースの目標は、期待される結果をチェックすることです。

この場合、以下のように文書化する必要があります。

良いテストケースを書くためのベストプラクティス

最後になりますが、良いテストケースを書くために必要なポイントを以下にまとめてみましたので、ご興味のある方は是非参考にしてください。

1. テストケースはシンプルで透過的である必要がある
できるだけ単純なテストケースを作成します。テストケースの作成者がそれらを実行しない可能性があるため、それらは明確かつ簡潔でなければなりません。

2. エンドユーザーを念頭に置いてテストケースを作成する
ソフトウェアプロジェクトの最終的な目標は、顧客の要件を満たし、使いやすく操作しやすいテストケースを作成することです。このため、テスターはエンドユーザーの視点を念頭に置いてテストケースを作成する必要があります。

3. テストケースの繰り返しを避ける
テストケースの繰り返しは避けましょう。他のテストケースを実行するためにテストケースが必要な場合は、前提条件列のテストケースIDでテストケースを呼び出します。

4. 想定しない
テストケースの準備中は、ソフトウェアアプリケーションの機能を想定しないようにします。あくまで仕様書に則って実行することが大切です。

5.  100%のカバレッジを確保する
テストケース作成時には、仕様書に記載されているすべてのソフトウェア要件を確認できるようにしてください。具体的にはトレーサビリティマトリックスを使用して、機能/条件がテストされないままになっていないかどうかを確認します。