スクラムでプロジェクトを管理する

スクラムでプロジェクトを管理する

アジャイルの最も一般的な方法であるスクラムは、複雑な作業/製品に最も速く効果的な方法でアプローチおよび開発するのに役立つ基本的なフレームワークです。
従来のウォーターフォールの開発の場合、事前に決めたスケジュールを完了するため、夜・土日の残業も沢山みられており、開発の前に、きちんと計画を立てたが、仕様の変更などで中々そのスケジュールに間に合うことが難しいのです。しかし、アジャイルではそのような課題がほとんど解決できます。もちろん、プロジェクトの要件によってメリット・デメリットがありますが、アジャイルは小規模のプロジェクトに比較的に向いています。
アジャイル手法に基づいて構築されたスクラムフレームワークについて上記の課題をどう解決するかは下記に解説します。

スクラムチームの役割について

基本的にスクラムチームは3つの役割に対してそれぞれの責任と権限を持っています。その3つの役割は開発チーム・プロダクトオーナー・スクラムマスターです。

  • プロダクトオーナー
    プロジェクトの一番責任が高い人物です。お客様、エンドユーザーの要求・課題をチーム(普通はスクラムマスターだけ)に説明する人です。システムを開発する上でのプロジェクトバックログを管理します。開発チームメンバーが機能や要件の説明・目的などを把握するために、プロダクトバックログの項目を優先順位で常に更新されることを確保する必要があります。
    プロダクトオーナーは最終的にバックログ項目の優先順位付けと更新を担当しますが、スクラムマスターまたは開発チームは、見積もり(時間、コストなど)のコスト、リソース)、依存関係、技術的な作業項目に関する情報を共有することによって、このプロセスをサポートすることができます。

  • スクラムマスター
    スクラムは説明が簡単ですが、いつも正しく動くことが簡単でないから、スクラムマスターという役割があって、チームをいつもスクラムの軸をずれないようにサポート、調整する役割です。プロダクトバックログの項目を実装する計画を作成、問題点の解決をサポートしたりします。

  • 開発チーム
    基本的に、システムを直接に開発するチームです。従来のウォーターフォール手法と違って、必要な時に開発以外、業務分析、設計、クラウド構築、テストなどの仕事も担当する可能性が高いです。!

Scrum-role

Image refer link https://www.visual-paradigm.com/tw/scrum/how-scrum-team-works/

スクラムはなぜ変更が多い要求に対応して開発するためのフレームワークなのか

スクラムはアジャイル開発手法の一つで「アジャイル開発のミニマムセット」と呼ばれるコンパクトなアジャイル開発フレームワークです。アジャイル開発の中でもっとも使われている手法です。
スクラムでプロジェクトを実施する際に、下記の特徴は不可欠です。

  • スプリント:ソフトウエアを開発の短期間のことです(普通は2週間)
  • プロジェクト項目:プロダクトバックログという優先順位付けされた一覧表に保管される(管理ツールなどで全てリストアップ)
  • 目標:スプリント内で優先順位が高いタスクから開発できるものを設定する
  • スプリント評価:スプリントが終わるたびにプロダクトオーナー(依頼主の担当者など)という人がMTGを開き、評価、タスク追加する

スクラムは、スプリントという一定の短期間毎に、プロダクトバックログ項目の優先順位が高いものから機能を実装し、実装された機能を評価する形で開発を進めます。その結果、開発依頼主や市場のニーズに即したプロダクトをすばやく開発することを可能にしました。この利点がスクラムの普及の大きな原動力となりました。

Scrum-Cycles

Image refer link https://itcraftapps.com/blog/agile-project-management-with-scrum/

スクラム内の活動

スクラムでの活動には、プロダクトバックログの定義、スプリント計画会議、日次スクラム、スプリントレビュー、スプリント振返りがあります。

  • プロダクトバックログの定義
    プロダクトバックログ項目について討論、定義する会議です、詳細要件と完了条件(DOD)を明確に記載します。きちんと定義した後、安心して、開発の作業に注目できます。

  • スプリント計画会議
    スプリントの開始時に行う会議です。当スプリントで実装する機能一覧と実装計画(スプリントゴール含む)を提示します。プロダクトオーナーさんはバックログに更新し、チームがそれに沿って実施していきます。会議時間の見積は2時間から4時間までがいいでしょう

  • 日次スクラム
    基本的に、スクラムマスターと開発チームの会議になります。以下の内容で話します

    • 前回の日次スクラムから今までできること
    • 次にやること
    • 問題点などあれば、相談
      15分で終われば一番効果的な会議です。1時間までも伸ばさないことが重要です。
  • スプリントレビュー
    スプリントの最後に実施する会議です。以下の内容で話します

    • できた機能をデモする
    • OKかNGかPOが判断
    • 更新必要かどうか相談
  • スプリント振返り
    スプリントレビューの後に、実施する会議です。内容は、今回のスプリンにできたことについて話します。そのあと、次のスプリントのために改善点を決めます。

スクラム価値は作業をより効率的にするには

スクラムチームが最も効果的に運用するのに役立つスクラムの5つのコアバリューのセットには、オープン性、尊重、勇気、集中力、コミットメントがあります。

  • オープン性
    仕事は過ちがないことがあります。重要なのはミスを起こした側はきちんと話すことと受ける側も優しく話し合えばいいでしょう

  • 尊重
    自分の意見を聞いてもらうためにチームメンバーの意見をよく聞くことです。否定的に意見を返すのを避けたほうがプロジェクトが無難です。

  • 勇気
    自分ができないことを依頼されることが受けるのは一番危険です。自分にも関連者にも皆に損害を与えてしまうから、厳しいタスクなどがアサインされたら、勇気をもっていうことです。

  • 集中力
    スプリント内のプロダクトバックログ項目に対して集中し、実装すれば、スプリントゴールに達成するのが可能性が高いです。次の計画は次の計画で今のタスクを集中しましょう

  • コミットメント
    チームの全員が、可能な限り最も価値のあるプロダクトを提供することに取り組んでいます。 また、スクラムが効果的であるためには、会社はプロジェクトに完全にコミットし、スプリントの目標に対するチームの集合的なコミットメントを尊重し、スクラムのルールに従う必要があります。

Scrum-Quote

Image refer link https://www.azquotes.com/quote/1352143