Michiko

1 post published

テスト密度とバグ密度の指標について
testing

テスト密度とバグ密度の指標について

はじめにテスト密度とバグ密度は、下流工程で定量的な品質指標として使用され、案件品質の分析評価に欠かせないものです。これらの指標の下限値~上限値と実績テスト密度と実績バグ密度を組み合わせることで、どの機能に品質面の懸念があるかを確認することが可能です。 これにより該当する機能のテスト項目の網羅性をレビューしたり、バグ内容を深く検証したり、現象発生区分/原因区分/原因工程/バグ重要度などの品質についてより詳しく分析したりすることができます。そこで今回はテスト密度とバグ密度についてご紹介します。 目次 1.テスト密度とは 2.バグ密度とは 3.どのようにバグ密度を分析するか 1.テスト密度とはテスト密度とは、案件の規模単位(SLOC・FP)でテスト項目の件数を示す指標です。テスト密度はテスト件数を規模単位で割るという方法で算出します。 (SLOC:ソースコードの行数、FP:ファンクションポイント) テスト密度の指標設定は、下流工程のスケジュールなどの作成の時に社内の品質指標と案件の特性などを組み合わせ、対応範囲の各テスト工程の指標の下限値/標準値/上限値を設定します。 テスト密度の分析・評価は、以下のように行います。 各テスト工程におけるテスト設計の段階で、設定されたテスト密度の指標を使用し、実際テスト設計の件数がその指標を達成するかどうかを確認します。ただ、実績テスト設計の件数が多ければ多いほど、テストの網羅性が高いという意味ではないため、テスト設計の成果物の品質を保証するためには、テスト密度の指標評価だけではなく、各機能のテスト項目の網羅性が高いかを徹底的にレビューすることが重要です。 各テスト工程のテスト実行段階においては、普段、テスト工程の途中での判定やテスト工程修了時の判定で、指標と実際バグ密度、[NN1] テスト項目の消化件数の差異を分析評価します。