KAISER

1 post published

コードカバレッジとは?
testing

コードカバレッジとは?

はじめにソフトウェアテストは、開発されたソフトウェアアプリケーションが要件を満たしているかどうかを確認するために実行される重要なフェーズの1つです。 そのフェーズがうまく行われるように、さまざまな確認メトリック/テストパラメータが生まれました。 そして、それらのメトリックの1つがコードカバレッジです。そこで今回はコードカバレッジついて解説します。 「コードカバレッジとは何か?」、「なぜ考慮する必要があるか?」 などの疑問が、すぐに解決しますよ。 1. コードカバレッジとはコードカバレッジ(「網羅率」とも表現される)とは、テスト手順でソースのコードがどれだけ網羅的に正常に検証されているかを判断するソフトウェアテストメトリックであり、ソフトウェアがどの程度包括的に検証されているかを分析する助けとなります。 コードカバレッジは、ホワイトボックステストにおける形式の1つと見なされます。 コードカバレッジの価値とは、そのレポートの中にあります。 まず、レポートから全体的なパーセンテージが取得されます。 例えば、ソースコードが100行あるとしましょう。この場合、ツールで69%のコードカバレッジが出力されたら、コードの31行がテスト対象外になっているということです。これのおかげで、改善できる箇所がまだあるということが理解できます。 また、コードカバレッジは全体的なパーセンテージの算出だけに役立つものではありません。現在のコードカバレッジツールでは、モジュール、ファイル、クラスやメソッドごとの詳細ビューも表示されます。 これにより最初に低いコードカバレッジがある領域を特定できます 2. なぜコードカバレッジが必要なのか? a) コードカバレッジの背後にある意味テストを作成するたびに次のような質問を思いつきますよね。 テストスイート上にテストケースがもう十分に足りているか? その答えはコードカバレッジです。 コードカバレッジ値が高いと、バグが潜在している可能性が低くなります。システムによって適当な最小パーセンテージを設定することも重要です。しかし、